激突チャットのみんながおくる激突テクニック

 ☆弾幕☆
弓玉:届かない。 連続攻撃up 相殺力up
弩玉:よく使われる主要玉。 連続攻撃up 相殺力up
砲玉:よく使われる主要玉。 爆風up 攻撃力up
弾玉:まあまあ使われる玉。 相殺力up 砲相殺力up

初心者さんへ
砲玉と弩玉で構築することをおすすめします。
まず、上奥コアにしましょう。
して、防御系の玉をおいてください。(ここはスキップします)
弩玉を上に向けて、相殺用にしましょう。
このとき、やりやすいのが277°280°283°の3体で、これを1組とし、
X15ずつずらして2組、または、X10ずつずらして3組がいいと思います。
砲玉は一点弾幕か拡散弾幕にしましょう。(リニアは作りにくいです。)
また防御ですが、要塞壁や界玉で四方を固める方法は決して強いとは言えません。
多分作っていくうちに違和感を感じるようになると思います

☆一点集中☆
撃玉:非常によく使われる主要玉。 攻撃力up 盾玉撃破力up

魔玉:よく使われる主要玉。射玉と一緒に置いてはいけない。 攻撃力up 薙玉撃破力up 対一点集中up
射玉:よく使われる主要玉。魔玉と一緒に置いてはいけない。 攻撃力up 薙玉撃破力up
貫玉:たまに使われる玉。 盾玉撃破力up
機玉:たまに使われる玉。 対一点集中up 連続攻撃力up

 ☆乗り込み☆
骨玉:ほぼ無理。
剣玉:使うなら薙玉。
薙玉:ほぼ全ての要塞に使われる玉。 対下コアup 
槍玉:それなりに使われる玉。 対乗り込み対策up 命中率up
騎玉:使うなら薙玉。体力が高いから当たり負けしない。しかし高い。 対近距離玉up 対下コアup
導玉:よく使われる主要玉。 対上コアup
核玉:まあまあ使われる玉。18度よりも上向きだと迎に反応される。19度より下向きだと迎が反応するが核爆発が起こる。 持久力up
散玉:壁玉に通用しない。落下傘を吹き飛ばす。  対上コアup
弓玉:壁玉に通用しない。弩玉も同じこと。  対上コアup
砲玉:なかなか。要塞前か後方待ち伏せで。      対上コアup
 ☆核攻撃※弾幕の一種ですが、核として記載☆
・↓コア核の場合 3.4度で置くのが原則。
 核とのあわせ技玉
射玉:土台射としての原則
弩玉:相殺兵+攻撃に便利
槍玉:守護兵。核の場合はCDよりもTDの方が重宝するので。
撃玉:殴りこみ。核の場合、必ずと言っていいほどこれがある

☆突撃☆
Aパターン 聖贄の場合
聖玉:贄を戻らせることができる唯一の玉。
贄玉:聖とのコンボを決めろ!!
薙玉:聖贄の場合CDが有効。こうなったら・・・・出番だ!最前列に置くと核も防げることも。
壁玉:がちがちに守るのがコツ
査玉:持久力を上げる。狙、射、浮、魔、星などはお察しください
ジェット壁:贄聖突撃の基本。 (聖贄の場合、ジェットは5.6個くらい。安全なのが5個)

Bパターン 単細胞突撃の場合
薙玉:300円くらいはこれに費やす。
槍玉:けっこう使える
木壁:ここになれば余計に必要。
壁玉:贄聖じゃなくてもやっぱり堅い。加速とのすりあわせでなくてもよし。
ジェット壁:8個以上は絶対必要。
弾幕:副砲用。弩・砲などがいいところ。

注意:お互い突撃のみの場合11速は10速に負けます。ご注意ください。

  • 意義なし! --- 鉄 (2010/04/03 21:23:54)
  • 普通弓と弾使うだろw --- マイケル•F•タリバンボーイ (2010/04/03 21:31:54)
  • いいのいいの♪ --- クエーサー (2010/04/04 14:48:46)
  • てかマジでいらないかと --- 財前 (2010/04/04 17:05:07)
  • 俺もそう思う --- 絶対零度 (2010/04/05 20:09:51)
  • 僕もそう思います --- 弱玉 (2010/04/07 15:50:37)
  • だが消さない --- クエーサー (2010/04/07 19:24:24)
  • ・・・CDとかTDって何? --- 暇人 (2010/06/05 12:49:54)
    • タワーディフェンスとチェアディフェンスのことかと --- ARCADIA (2010/06/05 13:53:07)
  • 12速以上は特化型です。14速以上はねたです。作る際には気をつけて。 --- Wednesday (2011/06/17 17:46:52)
  • 15速には無限の可能性が・・(謎 --- ok21 (2013/01/20 09:40:13)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2011-07-19 16:26:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード